• English
  • Japanese

メディアシュレッダー・ハードディスククラッシャーの利用

目的

  • メディアシュレッダおよびハードディスククラッシャーは、個人情報の記録された媒体を慶應義塾個人情報保護規定第31条に規定する方法での廃棄を徹底し、不要となった個人情報の漏えい、流失等を防止し、個人情報の保護をはかるため個人情報保護管理室からの依頼により、信濃町ITCに設置し、運用しているものです。

ご案内

  • 利用場所
    • 北別館1階 信濃町ITC 受付
  • 利用時間
    • 平日 9:00 ~ 16:30
  • 利用対象者
    • 慶應義塾の教職員および学生
  • 利用対象メディア・ハードディスク
    • 個人情報が記録されたメディアやハードディスク
    • 慶應義塾の教職員および学生以外の方が、慶應義塾に関係のない情報を、慶應義塾が所有していないメディアやハードディスクに入れたものの利用はできません。
  • 利用手続き
    • 「記録媒体廃棄届出書」を記入の上、信濃町ITCへ提出してからの利用となります。
    • 上記の「記録媒体廃棄届出書」はこちらからダウンロードしてご利用頂くか、信濃町ITC受付にあります。
    • 身分証(人事課発行の名札(顔写真入)、学生証、運転免許証、パスポートなど)をもって信濃町ITC受付までお越しください。
  • その他
    • 利用は届出書を提出された各個人で行ってください。
    • 廃棄する量が多い場合は、事前に信濃町ITC(内線:62753)までご連絡下さい。

メディアシュレッダーについて

  • 機種
    • (株)リコー製 メディアシュレッダー(マルチメディア) RICUT MultiMedia
  • メディアシュレッダーで処理できるメディアの種類
    • 3.5インチFD
    • MO
    • ZIP
    • DDSカートリッジ(4mm)
    • CD
    • DVD
  • メディアシュレッダーの使い方
    • 処理するメディアをそれぞれ1枚ずつ本体上部の挿入口に入れてください。
    • メディアシュレッダーが挿入したメディアを粉砕します。

ハードディスククラッシャーについて

  • 機種
    • オリエント測器コンピュータ(株)製 ハードディスククラッシャー HC-BREAKS-NSA2
  • ハードディスククラッシャーで処理できるハードディスクの種類
    • 2.5インチハードディスク
    • 3.5インチハードディスク
  • ハードディスククラッシャーの使い方
    • ハードディスククラッシャーで処理するには、パソコン本体機器などからハードディスクのみを取り出してお持ちください。
    • 処理するには、ハードディスクに別途アダプタを取り付ける必要があります。アダプタは信濃町ITC受付で貸出しますので、必ず利用前に信濃町ITCまでご連絡ください。
    • 本体前面の扉を上にスライドして開け、廃棄するハードディスクを奥まで入れてください。
    • 扉を閉め下降ボタンを押すことで、ハードディスクへ穴を開け物理的に破壊します。
    • ハードディスククラッシャーを行ったハードディスクは、再利用できませんのでご注意ください。

その他

  • 上記のメディアシュレッダー・ディスククラッシャーで処理できない記録媒体を処理したい場合は、信濃町ITCまでご相談ください。
  • メディアシュレッダーやハードディスククラッシャーで処理後の廃棄物は、通常の廃棄処理により処分されます。

個人情報保護関係ページへのリンク

最終更新日: 2017年2月28日

内容はここまでです。